MENU

五月病と言う病気

大学生になりたての学生、会社に入りたての新社会人に多く見られる症状で、5 月頃特に見られると言う事で知られる様になったのが「五月病」と言う病気になります。

 

新しい生活を始めて最初は夢中になっているので良いのですが、ちょっと生活にも慣れてきて落ち着いてきた頃にそこまでに蓄積されていた心身の疲れ、人間関係におけるストレス等が外に出てくる様になり気分的に落ち込んだり、やる気が無くなったり、ふさぎこんでしまったりする事を指しています。

 

最初の内は学生特有だった事もありますが、社会人にも見られる様になり、新人研修が終わる辺りの6 月頃にもそうした症状が見られる様になってから「六月病」と言う事も有るそうです。

 

五月病

 

一般的に五月病とか六月病とか言われていますが、実は正式な病名ではない為、病院ではそう呼びませんし五月病の定義自体もきちんとした物は無いと言います。

 

もし敢えて病名を言うのであれば、環境の変化からくる症状ですので「適応障害」と言う精神疾患に該当されるかもしれません。適応障害自体は季節を問いませんので一年中なる可能性が有ります。

 

適応障害になってしまう主な原因としては五月病みたいに新しい生活に変わってその環境についていけない、新しい人間関係に馴染めず上手くいかない、目標を達成し次の目標が決まらずどうして良いか分からなくなる、新生活に対して理想と現実のギャップが激しくて悩む等が挙げられます。こうした所に五月病等が該当してくる様なのです。

五月病と気分障害

やる気がどうしても出ない、気分が落ち込んで上がれないと言う状況に5月頃なった場合、大抵の方は「これは五月病だ」と思いますよね。

 

そうなると誰かに相談したところで「時間が経てば自然と治るよ」なんて言われて深刻に考えてくれないかもしれません。

 

でも自分や他の人が五月病だと思っている病気、実は気分障害と言う精神疾患の場合も有るのです。

 

症状も五月病と気分障害は同じですので誤解しやすいんですよね。気分障害には「うつ病」と言うのが有り結構認知度も高いと思います。それに「双極性障害」と言う明るい状態なのですが鬱状態と躁状態を繰り返す症状の事を指しています。

 

五月病

 

その他にもうつ病の様に症状は重くはないのですが、「気分変調症」と言う2 年以上の長期で不調が続く状態の物も有るようです。

 

この中でも最後に紹介した気分変調症、これは症状自体がそんなに重くない場合が多いので、深刻な状態になる事が少ないです。その為に一時的な症状だと誤解されてしまう事も有ると言います。

 

うつ病の考え方も今と昔ではちょっと変わってきていて、昔はまじめで几帳面な方が発症しやすいと言う考えだった様ですが、今ではそれに限った事では無くて誰でも発症する可能性が有ると言う事が分かっているようです。

 

普段遊んでいる時は明るい感じなのに、仕事中等の時は鬱の様な感じになるのはその一例かもしれませんね。そう言う場合は五月病と勘違いされる事も有りますので注意したいところですね。

五月病になる原因

新しい環境に入る事って人生において何度かあると思います。進学、就職等が主かもしれません。新しい生活でどんな事が有るのか楽しみでもあり不安でもありますよね。

 

でも新しい環境って楽しいかもしれませんが、結構思っているより心身に負担がかかっている様なのです。最初の内は慣れようと必死になり夢中になり毎日が目まぐるしく過ぎていく事でしょう。

 

新しい事の連続でしょうから時間もあっという間に、過ぎますよね。でもゴールデン・ウィーク等、ある程度まとまって休みが入るとそれをきっかけにして、今まで溜まってしまっていた疲れやストレスが表面に現れてきたり、新生活について考え込んでしまったりして発症し、自分の中でキャパオーバーになってしまうと身体に現れたりして五月病になってしまう方が結構多いらしいのです。

 

五月病

 

また新しい人間関係で上手くいかずに悩みを抱えた事が原因となる事も多いらしいのです。

 

もちろん五月病を発症する前に疲れやストレス等を自覚している方もいますが、大体は自覚が無くて急に症状として現れる事が多い様です。五月病にかかるのも皆と言う訳ではありません。真面目、内向的、几帳面の方に多く発症している様です。

 

五月病になる主な原因としては、燃え尽き症候群的な感じで受験等極度の緊張状態から解放された場合、人間関係が上手くいかない場合、独り暮らしになるなど新しい生活になかなか適応出来ない場合、期待して入った場所に絶望感を感じた場合等が考えられる様です。

五月病にはどんな症状が有るのでしょうか

身体的にも精神的にも五月病の症状は現れると言われています。主にどんな症状が起こるのか五月病の症状をいくつか挙げてみましょう。

 

先ずは「身体的症状」についてですが、睡眠障害が現れると言われています。

 

朝起きるのが辛かったり、夜眠れなかったりする症状が出る事が有るそうです。

 

そして身体の免疫力も低下してくる様なので病気になりやすくなります。また頭痛、めまい、食欲不振、動機と言った症状が出てくると言われています。

 

次に「精神的症状」についてですが、やる気が無くなったり、気分が落ち込んだり、イラついたり、焦ったり、不安になってしまったり、何をやるにしてもだるくなったり、外に出るのが億劫になったり、何に関しても興味が無くなったりと言う様な症状が出やすいそうですが必ずしも全部現れる訳では有りません。

 

個人差が有るので強弱も有る様ですが、大体は真面目な人や、几帳面な人が症状が出やすいと言われているようです。

 

こうした症状は一般的には新環境に慣れてくると徐々に解消されてくる様ですが、稀に症状が悪化してうつ病になる事も有ると言われています。

 

ですから新環境に入って疲れたなと感じたら、ストレスを発散させたり、ゆっくりとしたり、身体を休めたりして気分転換、リフレッシュする様にしましょう。

 

もしそれでも駄目そうだなと思ったり、病院に行って専門医の診察を受けて適切な治療を受ける様にしましょう。心と体のバランスを取る事が大切なのです。

 

五月病